ionicでアプリ開発入門 -環境構築- nvmのインストール

ionicでアプリ開発入門 -環境構築- nvmのインストール

nvmをインストールしよう

さて、ubuntuをインストールして、android studioをインストールしてvimをインストールして
ここまであまりionicに触れてませんでした。

ここからはいよいよ!
別のパッケージのインストールを続けます。

もう少し、あと少しだけ・・・インストールするものがありますん。

では早速行きましょう。

必要なパッケージを追加インストール

Ubuntuターミナルで以下のパッケージをインストールしておきます。
前回androidStudioをインストールした時に入ってるものもあるかもしれません。gccとかgdbとか

sudo apt-get install build-essential libssl-dev

build-essential
まあ多分ですがビルドする為のツール一式だと思います。
build-essential参考

libssl-dev
manページだそうです。

Curlのインストール

sudo apt-get install curl

Curl ちなみにカールと読みます。

curlコマンドのイメージ

cURL(カール)は、さまざまなプロトコルを用いてデータを転送するライブラリとコマンドラインツールを提供するプロジェクトである。cURLプロジェクトは libcurl と cURL の2つの成果を生んでいる。

wgetみたいなものですね。
Curlとwgetの大きな違いは
Curlの方は連番ファイルのダウンロードが可能との事です。

curl -O https://sunababox.com/img_[1-100].jpg

とすることで連番ファイルがある場合img_1.jpg~img_100.jpg まで持ってくることができます。
ってことはアレな画像が連番になっている場合…ね。

雑記ページを作ってcurlのことをもう少し詳しく書く必要があると感じました。

nvmのダウンロード

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

詳しい操作方法はこっち

/v0.33.11の部分はバージョンを書いているので、そこ変更すれば最初から欲しいバージョンがダウンロードできますよ。

bashに追加されているか確認しよう

コマンドを実行すると
.bashrcに下記が追加されます。
確認してみましょう

vi .bashrc
ctrl + G <—–最終行へ
export NVM_DIR=”$HOME/.nvm”
[ -s “$NVM_DIR/nvm.sh” ] && \. “$NVM_DIR/nvm.sh” # This loads nvm
[ -s “$NVM_DIR/bash_completion” ] && \. “$NVM_DIR/bash_completion” # This loads nvm bash_completion

ではインストールできているか公式の通り確認してみましょう

command -v nvm
nvm

nvmと表示されればインストール完了です。
nvmのインストール確認

お疲れ様でした。
次回はnvmのバージョンを上げます。